single
2016年2月23日 

罪を憎んで人を憎まず?

~ 罪を憎んで人を憎まず?

 クリスチャンは人の罪を指摘することが仕事だと勘違いしていることがたくさんあります。ノンクリスチャンに対してその罪を指摘することで罪悪感を生じさせ、キリストを受け入れるように説得する、「伝道」もよくあります。そればかりでなく、他のクリスチャンに対しても罪を指摘し、正しい道に導こうとします。
 クリスチャンがよく指摘したがる「罪」とはどんなものがあるでしょうか。一般的には、道徳的に反していることが多いです。それはモーセの律法やその他聖書に書かれていることに基づいていることが多いです。しかしキリストは「罪」をどう扱ったのでしょうか。
 キリストが生涯を通して遊女、取税人、その他大勢いの罪人と共に時間を過ごしましたが、彼らの罪を取り上げて長々と説教をしたことはありませんでした。彼がいつも厳しい言葉で接していたのは、律法や慣習を根拠に人の罪を指摘してばかりいたパリサイ人たちと律法学者たちでした。
 しかし私たちは教会でも私生活でも何が罪で何が罪でないかを考えたり話したり議論したりするのにたくさんの時間を使ってしまってはいませんか。しかしキリストははっきり言っています。「さばいてはいけません。さばかれないためです。あなたがたがさばくとおりに、あなたがたもさばかれ、あなたがたが量るとおりに、あなたがたも量られるからです。」
 
 私たちは、勿論キリストが説いた愛と恵みで人に接しますが、いつしか「罪を憎んで人を憎まず」という考えが浸透してしまっています。でもキリストはそんなこと一言も言っていません。却ってこう言っています。「なぜあなたは、兄弟の目の中のちりに目をつけるが、自分の目の中の梁には気がつかないのですか。兄弟に向かって、『あなたの目のちりを取らせてください』などとどうして言うのですか。見なさい、自分の目には梁があるではありませんか。偽善者たちよ、まず自分の目から梁を取りのけなさい。そうすれば、はっきり見えて、兄弟の目からもちりを取り除くことができます。」マタイ7:1-5
 教会は人に赦しと癒しと安らぎと自由を与えるべきところですが、罪を指摘されることを恐れて人が教会に来ないのであればそれはすごく残念です。しかし教会の中の梁に気付かず教会の外の人たちの塵を取ろうとばかりしていれば、そうなっていまいます。
 私たちはイエス・キリストのように生きる教会になりたいです。そうすれば、どんな人も自然に集まってくるようになるはずです。
「神が御子を世に遣わされたのは、世をさばくためではなく、御子によって世が救われるためである。」ヨハネ3:17
                           K.F