single
2017年3月19日 

創世記27章

~ 創世記27章

 久しぶりに創世記の旅をいっしょに楽しんでみましょう。今日は、25章の終わりと、27章です。
 前回は26章イサクの争わない生き方をいっしょに見ていきました。覚えておられますか?イサクの人生は、アブラハム契約を継承する人生でした。主は、イサクにも祝福を約束されていたのです。その祝福はイサクからヤコブへと受け継がれていくものでした。そして、イサクはそんな祝福を約束通り受けた人でした。イサクは主の約束を信じて行動し、そして祝福を得ました。主は契約通りにイサクを祝福されました。また、イサクは、争って勝ちをもぎ取るよりも、一歩身を引いて、ひたすらに神に信頼し生きました。そんな生き方が勝利につながったのです。
 祝福の契約は継承されていきます。アブラハムからイサクそしてエサウとヤコブへと。その三代のそれぞれの信仰のあり方はどのようなものであったでしょうか。祝福の契約の重要性を悟るものとそれを軽んじるものとでどのような違いが生まれるのでしょう。最も大切なものが何であるかをしっかりと見抜く目を持つことは私たちにとってとても重要なことです。そして、また私たちは、最も大切なものをどのように受け取るのでしょうか。
 エサウとヤコブそしてイサク、またその家庭で起こった出来事、兄弟がそれぞれ聖書で重んじられている長男の権利を軽んじたり、奪い取ったり、そんな兄弟の軋轢は父のイサクや母リベカの手を超えた出来事でした。親だからと言ってどうしようもないことでした。しかし、そんな親の理解を超えた出来事の一切は神の御手の中にありました。神はそんな兄弟、親子の関係を包み込み大きな神の国の歴史を展開されます。神さまの摂理の世界があるのです。私たちの人生においても、私たちの手を超え理解を超えた人生に直面するでしょう。しかし、神さまの摂理が、御手がそこにあるのです。私たちは何を見て生きるのでしょうか。
                            M.H

 

*メッセージであなたが語られたことを、今週、誰かに分かち合いましょう。
*あなた自身の神さまとの個人的な出会いに思いを巡らしてみましょう
*あなたは、主の祝福の契約の重要性をどのようにとらえていますか
*最も大切なものを獲得するために、不正な方法ではなく何が必要でしょうか