single
2017年4月30日 

祭りの終わりの大いなる日に

~ 祭りの終わりの大いなる日に

 昨日は、恒例のジーザスまつり、皆さんお疲れ様でした。
 天候にも恵まれて、たくさんの人でにぎわったとまでは、いきませんでしたが、昨年来てくださった方やその方の友人、近所の方、通りすがりの方、そして、私たちJFの家族が共に楽しいひと時を持つことが出来ました。ありがとうございました。
 そして、今日はGCW福音中心礼拝です。いっしょに、私たちの主を賛美し心からの礼拝を捧げましょう。今日、はじめていらっしゃった方や、まだイエスさまのことがよくわからない方、素晴らしい主イエスさまとお出会いしましょう。イエス・キリスト以外に私たちの救いはないのです。
 私たちの、飢えた心を満たすことのできる方はイエスさましかないのです。どれほど物質に恵まれたとしても、どんなに楽しく一時的に過ごしていたとしても、私たちは、またいつかは渇き、満たされない思いの中で生きなければならないのです。そんな、私たちを満たすことが出来る唯一の方がおられるのです。 すべての問題に解決をもたらしてくださる方がおられるのです。今日、私たちひとりひとりにイエスさまが、触れてくださり心の奥底から、生ける水の川が流れ出るようにしてくださることを期待しましょう。
 祭りの終わりの多い大いなる日に「だれでも渇いているなら、わたしのもとに来て飲みなさい。」とイエスさまは立って、大声で言われました。さあ、今日私たちのその声を聞いてその声に応答しようではありませんか。私たちを満たすことができるのは、イエスさまだけなのですから。
 あの有名なパスカルは、「人の心の中には、神が作った空洞がある。その空洞は創造者である神以外のものよっては埋めることができない。」と言いました。真の神(創造者)との交わりによってしか埋めることのできない私たちの心の空洞を埋めて下さるために、神の御子イエス・キリストは天から人となって下って来てくださいました。そして、神と私たちの交わりの障害となっていた人間の罪を取り除くために、罪人の身代わりとなって、十字架の上で神のさばきを受けてくださったのです。神が遣わされた、救い主であられるご自身の御子イエス・キリストだけが、私たちの心を喜びと平安と希望で満たすことのできる方なのです。
                              M.H