single
2012年1月28日 

ジーザスファミリー号に乗って

先週の祈り会でアニメーションのビデオクリップを見ました。のこぎりや、かなづち、ドライバーなどの道具がそれぞれ作業しているのですが、少し様子がヘンです。のこぎりが釘を打っていたり、かなづちが一生懸命木の板を切っていたりしていました。めいめいが作られた目的通りに使われていなかったので、作業はちっとも進んでいませんでした。しかし、のこぎりが木の板を切り、かなづちが釘を打ち、作られた目的通りに使われたとき、作業がスムーズに進み、ひとつの作品が完成しました。

 今日明日はアガペ研修会、ジーザスファミリーにとって最も大切な時の一つです。私たちがともに集まり主を求めるとき、主はその只中にいてくださり、私たちに語ってくださるのです。私たちひとりひとりは今このとき、このところで、主によって集められ家族とされています。ジグソーパズルの一片が一つでも欠けていたらその絵が完成しないように、主がひとりひとりを必要としてくださり呼んでくださっています。教会にひとりひとりに、主が造って下さった目的があるのです。主のご計画の一翼を担うものとして、主の壮大なストーリーの中に生かされているのです。主が私たちひとりひとりに、また教会に与えて下さっているご計画、ビジョンをいっしょに見ていきましょう! 私たちの心の目が開かれ、はっきり見えるようになるように求めましょう。期待して主の御前に集い、主の御声に耳を傾け主なる神を求めましょう。

 雲の柱火の柱で主がイスラエルの民を導いたとき、その群れの先頭としんがりとでは、かなりの距離があったのではなかろうかと思います。しかし民は雲の柱、火の柱を見て、一つとなって進んでいったことでしょう。私たちも心と思いを一つにしてイエスさまから目を離さずいっしょに前進しましょう。ジーザスファミリー号に乗って。