single
2017年7月30日 

主の夢、私の夢

~ 主の夢、私の夢

 先日ビルウィルソン師の集会に参加しました。いつものことながら大変恵まれました。何がよかったんですか?どんなふうに恵まれたんですか?その答えは・・・そのただ中にある。というと、???となってしまうと思います。
 ビル師の心にあること伝えたいことは、50年間変わることなく、世界中を旅して語られています。日本に最初に来られたのは2003年、私はその時に初めてビル師の集会に参加しました。衝撃でした。涙が止まりませんでした。それから14年がたった今も、同じ情熱をもって走り続けておられます。そしてそのビル師から流れてくるものは、主の愛、失われた魂への情熱に他ならないと思います。それはいつも新しい。なぜなら、主がビル師になしてくださった御わざの偉大さ素晴らしさを、彼自身が昨日のことのようにその御わざを覚え、心から感謝しておられるからだと思います。しかしながら、彼が伝えたいのは、主の偉大なわざが自分になったことではなくて、それがなるために、たった一人の人が、道端に捨てられた少年に目を向けた、手をさし伸ばしたということです。その一つの行為が、その人の人生を大きく変えるものになる、ということを伝え、また、私たちひとりひとりにそれができる、できることがあるとチャレンジしておられると思います。
  かつて、NYの道端で捨てられ、3日間飲まず食わずで、道行く人々は誰も彼を見ようとはしない。何百人もの人が通り過ぎる中で、たった一人、彼に手をさし伸ばした人物、その彼の名を知っていますか?ほとんどの人が知らないと思います。私たちの多くはそのようなものです。ビル師のように世界をまたにかけて活躍することもないでしょう。誰にも覚えられない働きかもしれません。しかしそこにこそ大切な働きがあるのではないでしょうか?誰も知らなくても、小さく見える働きでも、知っておられる方がいるのです。そう、主です。
 主はひとりをも滅ぶことを望んでおられません。それは主の願い、主の夢ではありませんか。私たちもその主の願い、主の夢を主と共に生きようではありませんか。主がお一人お一人になしてくださった御わざが、証があると思います。どんな所から私たちは救われたのでしょうか?主の恵みを思い起こし、新しく主に出会いましょう!主の喜びに満たされて、主に仕えていきましょう!主の願いが私の願いとなりますように。主の夢が私の夢となりますように。       Mrs.M.H