single
2017年8月13日 

 安心安全

~ 安心安全

 ある時、船は大嵐に見舞われ、甲板では弟子たちは右往左往大慌てしていました。ふと、ともの方に目を向けると、そこには、枕をして眠っておられるイエスさまが、、、弟子たちは、イエスさまに従って船に乗り込み、イエスさまといっしょに向こう岸へ渡ろうとしていました。でも、そんな大嵐にあってしまいました。もちろん、イエスさまご自身も大嵐の最中におられます。しかし、イエスさまは眠っていられるほど平安の中におられたのです。弟子たちは、自分たちがおぼれ死んでしまうかのように慌てふためいています。
 どうしてイエスさまは、平安を保っていられたのでしょうか。「イエスさまは、神さまだから当然やん。」確かにそうでしょう。しかし、イエスさまは風邪を叱りつけてから弟子たちに言われました「どうしてそんなにこわがるのです。信仰がないのは、どうしたことですか」と、私は思います。イエスさまは、ただ父の御心の内を歩んでおられたのです。イエスさまは、言われました「子は、父がしておられることを見て行なう以外には、自分からは何事も行なうことができません。」(ヨハネ5:19)イエスさまは自分の行動のすべては父の御心であったのです。そして御心を行っているならそこには平安があるのです。弟子たちは御心を行っていることを理解していなかったのではないでしょうか。自分自身が主の御心の内という最も安全な場所、安心できる状況にいるということがわかっていなかったのではないでしょうか。私たちも主に従っています。主と共に歩んでいます。主がともにいてくださるのです。嵐は起ります。突風は吹きます。でも最も安全で安心できるところを歩んでいくことが出来るのです。主の御心を行っていることが一番安全で安心なのです。主の御心を知って、主に信頼して、すべてを主にゆだねてこの人生を歩んでいこうではありませんか。主はあなたを愛しあなたとともに歩んでくださるのです。    M.H