single
2017年11月21日 

小さい?!

~ 小さい?!
 
 イエスさまは言われました。
 「子どもたちをわたしのところに来させなさい。止めてはいけません。神の国はこのような者たちのものだからです。まことに、あなたがたに告げます。子どものように神の国を受け入れるものでなければ、決してそこに、入ることは出来ません。」
 今日、私たちは、特別に子どもたちを祝福して、子どもたちのために祈るときを持ちます。
 神の国はこのような者たちのものなのです。このようなものそれは子どもたちのつまり素直に純粋に信じる者たちのものです。少し言い換えるなら、小さなものということができるのではないでしょうか。この世界で考えたなら、限りなくこの世的に価値がないように思えるもの、多くの必要の前で取るに足りないようなもの、全く役に立たないと思えるようなものそんな小さなもの。
 貧しいやもめがささげたレプタ硬貨2枚、男だけで5000人の空腹の群衆の前の2匹の魚と5つパン、人はおろか荷物さえ運んだことのないような小さなロバ。そのような小さいと思えるようなものを主は用いられるのです。
 私たちも同じように小さなものです。しかし、主のあわれみを受け、恵みによって救われ造り変えられたのです。また私たちは、周りの小さなものに対して、どのような態度でいるのでしょうか。「わたしのところに来させなさい。止めてはいけません。」主にそんな風に言わせてしまってはいませんか。 
 あなたの周りの小さなもの、子どものような者に、目が向いているでしょうか。どうせこんなの無理とあきらめてはいないですか。しかし、あなたが行かせるなら、その小さなものは生きるのです。
 砂浜の波打ち際一面に、おびただしい数のひとでが打ち上げられています。ひとりの人がそのひとでを、拾い上げては海に投げ返していました。それを見ていた人がその人のところに近寄ってきて言いました。「何をしているんですか、何千、いや何万ものひとでが打ち上げられているのに、一匹を拾って海に戻していったい何になるんですか。」するとその人は答えました。「確かに何万ものひとでが打ち上げられ死んでいくけど、今投げ返したあのひとでは、生きるのです。」
 一匹のひとでを海の中へ投げ帰すことは、周りの人々から見たら馬鹿げたことかもわかりません、ほんの小さな行為です。しかし海の中へ帰ったひとでにとったら何よりも大きなことなのです。
 今、私たちの周りで打ち上げられ、苦しんで干からび、ただ滅びに向かう人がいっぱいいるのです。今あなたにできることは?                  M.H