single
2018年3月25日 

始まりは・・・

~ 始まりは・・・
 
 ブラジルでの1匹の蝶の羽ばたきがテキサスで竜巻を引き起こす。バタフライ効果。数年前に話題になりました。どんな大事もはじまりはとんでもなく些細な現象から始まっているということです。
 19世紀ボストンでひとりの靴屋の店員をキリストに導いた日曜学校の教師の話です。教師の名はキンブル。彼の名前は一度も聞いたことはないかもしれませんが、彼が回心させた靴屋の店員の方は知る人ぞ知るドワイエ・ムーディです。ムーディは伝道者となり、フレデリック・B・マイヤーという若き説教者に大きな影響を与えました。このマイヤーが大学のキャンパスで伝道を始め、J・ウィルバー・チャップマンを回心させ、チャップマンはYMCAにかかわり、その中で元野球選手で大伝道者であったビリー・サンデーの集会をノースキャロライナ州シャーロットで開くためのキャンペーンを計画し、モルデカイ・ハムを街に招き説教を依頼しました。そのリバイバル伝道集会でひとりの16歳の青年が人生をキリストにささげました。ビリー・グラハムです。
ボストンの日曜学校の先生は、自分と靴屋の青年との間での会話が、どんな発展を見せるかはわかっていなかったでしょう。
 ホサナ、ホサナと大観衆が叫んでいます。「救ってください、救ってください」と。イエスさまが小さな子ロバに乗って群衆の中へと入って行かれます。このロバはどこから来たのでしょうか、ロバの持ち主は、自分の持ち物がこんなふうに使われることを予想していたでしょうか。それがわかっていてロバを差し出したのでしょうか。主がご入用なのですの一言で。
 日曜学校の先生は、靴屋の店員との些細な会話が、はるか将来に大伝道者を生み出すことを知って行動したのでしょうか。ただ、主がご入用なのです。に応答したのです。
私たちの持っているものも、主がご入用なのです、の声を聞いたなら、主に捧げてみませんか。ためらったり、迷ったりしてはいませんか。遠い将来に、それがどうなるかは、今はわからなくっても。                     M.H