single
2018年4月29日 

聞きそこなわないで

~ 聞きそこなわないで 
 
 ゴールデンウィークが始まりました。
 今日は、私たちジーザス・ファミリーのとっても大切な家族のひとり、リンダさんが来てくださっています。リンダさんは、いつも私たちJFを覚えて祈ってくださり、また定期的に日本を訪れてきて私たちをみ言葉で、交わりで、そして祈りで励ましてくださっています。今日リンダさんを心より歓迎し、リンダさんを通して働いてくださる神さまに期待しましょう。
 そして、今日はジーザスまつり。なんとなく、あわただしくバタバタした気分ではないでしょうか。
 ワシントンDCのある公園の側の、地下鉄の駅で、ジョエル・ベルという世界的に有名なバイオリニストが、3億円相当の値打ちのあるストラディバリウスを使って演奏を始めました、普通にコンサートホールだと彼の出演料は、なんと300万円くらいだそうです。しかし、その日彼は、ジーンズ姿に野球帽をかぶり路上にバイオリンのケースのふたを開けて置き、そこにまず自分の財布から2.3ドルを取り出しその中に入れて演奏を始めました。よく繁華街などで見かける路上ライブのように。路上を多くの人が通り過ぎていきます。中には、少し立ち止まって演奏に耳を傾ける人もいますが、ほとんどの人は、忙しく地下鉄の駅を出入りしていくだけです。彼は、何曲かを演奏し続けました。その間、その名演奏を1分間立ち止まって聞いた人は、たった7人しかいなかったそうです。そしてケース入っていた、お金はわずか37ドル17セントだったそうです。
 どれだけ素晴らしい演奏であったとしても、あわただしさの中で聞き逃してしまってしまったのです。この話から何が言えるのでしょうか。いろんな教訓はあると思います。その一つは、あわただしい現実の生活の中で、私たちは、ついつい神さまからの御声を聞きそこなうことがあるということではないでしょうか、重要な神さまからのメッセージを聞き逃がしてしまうことが。気を付けていたいものです。M.H