2017年4月30日 

~ 祭りの終わりの大いなる日に

 昨日は、恒例のジーザスまつり、皆さんお疲れ様でした。
 天候にも恵まれて、たくさんの人でにぎわったとまでは、いきませんでしたが、昨年来てくださった方やその方の友人、近所の方、通りすがりの方、そして、私たちJFの家族が共に楽しいひと時を持つことが出来ました。ありがとうございました。
 そして、今日はGCW福音中心礼拝です。いっしょに、私たちの主を賛美し心からの礼拝を捧げましょう。今日、はじめていらっしゃった方や、まだイエスさまのことがよくわからない方、素晴らしい主イエスさまとお出会いしましょう。イエス・キリスト以外に私たちの救いはないのです。
 私たちの、飢えた心を満たすことのできる方はイエスさましかないのです。どれほど物質に恵まれたとしても、どんなに楽しく一時的に過ごしていたとしても、私たちは、またいつかは渇き、満たされない思いの中で生きなければならないのです。そんな、私たちを満たすことが出来る唯一の方がおられるのです。 すべての問題に解決をもたらしてくださる方がおられるのです。今日、私たちひとりひとりにイエスさまが、触れてくださり心の奥底から、生ける水の川が流れ出るようにしてくださることを期待しましょう。
 祭りの終わりの多い大いなる日に「だれでも渇いているなら、わたしのもとに来て飲みなさい。」とイエスさまは立って、大声で言われました。さあ、今日私たちのその声を聞いてその声に応答しようではありませんか。私たちを満たすことができるのは、イエスさまだけなのですから。
 あの有名なパスカルは、「人の心の中には、神が作った空洞がある。その空洞は創造者である神以外のものよっては埋めることができない。」と言いました。真の神(創造者)との交わりによってしか埋めることのできない私たちの心の空洞を埋めて下さるために、神の御子イエス・キリストは天から人となって下って来てくださいました。そして、神と私たちの交わりの障害となっていた人間の罪を取り除くために、罪人の身代わりとなって、十字架の上で神のさばきを受けてくださったのです。神が遣わされた、救い主であられるご自身の御子イエス・キリストだけが、私たちの心を喜びと平安と希望で満たすことのできる方なのです。
                              M.H                                               

2017年4月27日 

~ 聖霊に励まされて

 復活の主に出会って、弟子たちに希望の光が差し込みました。そして、主は弟子たちに言います。約束のものを待ちなさい、と。もうひとりの助け主聖霊さまを送るから、と。果たして、その通りに弟子たちの上に聖霊さまが下って来て、彼らは力を受け、その後は力強く主を証し、主を述べ伝えて行きました。まさに地の果てにまでも。
 神さまの約束は成就するのです。神さまのご計画には失敗はないのです。そして教会が、築き上げられ信者の数は増えて行ったのです。
 先週、イースターをいっしょにお祝いしました。復活の力にあずかり、その力で生きることが出来ることは何と幸いなことでしょう。主に目を上げ、自分自身を知って、今できるベストのことをなすとき、主の素晴らしい力が私たちを解放してくださるのです。
 また、先週は、素晴らしい時でした。洗礼式も持ちました。ひとりの人が救われ、神の家族に加えられたことは、天での大きな喜びであったでしょう。そして、私たちこの家族にとっても大きな喜びの時でした。
 毎週、そんな喜びをいっしょに味わっていきたいものです。人が救われ神の家族に加えられること、こんなに大きな喜びはありません。天の父なる神さまは、決して人が滅びることを願ってはおられません、すべての人が救われ、永遠の命を持つことを願っておられるのです。そのために、愛するひとり子を私たちに与えて下さったのです。
 私たちも、私たちの愛する家族や友人にイエスキリストにある救いを述べ伝えて行こうではありませんか。使徒の働きの時代のように。そして、信者の数はどんどん増えていくのです。ハレルヤ!
 教会は、ユダヤ、ガリラヤ、サマリヤの全地にわたり築き上げられて平安を保ち、主を恐れかしこみ、聖霊に励まされて前進し続けたので、信者の数がふえて行った。
とあります。どのように増えて行ったのでしょうか。どうして、増えて行ったのでしょうか。今日いっしょに考えて見ましょう。M.H                                               

2017年4月22日 

~ ところが!

 イエスさまは、墓にはおられません。確かにイエスさまはよみがえられたのです。それは、単なるでっち上げ、作り話ではありません。復活は歴史的な事実なのです。もしそうでなかったら、教会は存在していなかっただろうし、私たちの信仰もあり得ないものだったでしょう。
 イエスさまは暗い墓の中にとどまってはおられませんでした。
 ラッパが鳴り響き衛星放送のテレビクルーが墓を取り囲み大観衆が見守る中でイエスさまはよみがえられたわけではありません。復活の朝は、静かにだれにも知られず(数人の番兵たち?以外)、そうです、十字架につかれるまでイエスさまといっしょにいた弟子たちも知らない間にしずかにやってきたのです。しかし、その十字架の死と復活は、全世界をそして、あなたの人生をひっくり返したのです。

 今日は、イースターです。イエスさまの復活の事実を覚えて、よみがえられたイエスさまを共に礼拝しましょう。

 イエスキリストは、私達の罪のために十字架についてくださり、ご自身のいのちをささげてくださいました。その時、それまでイエスの教えに励まされすべてを捨ててイエスに望みをおいて従ってきた人達は、十字架の上に『わが神、わが神、どうしてわたしをお見捨てになったのですか』と叫ばれ、完了したと言って息を引きとられたイエスを見て、埋葬のために包帯を巻かれ油を塗られ、暗い墓の中に納められたイエスを見て何を感じ何を思ったのでしょうか?それは彼らにとって希望が、夢が、死とつながれた日だったのではないでしょうか?
 ところが、それから3日後、復活の朝、女たちは目を上げました。自分が、主のためにできることをしました。自分自身の弱さも問題も知っていました。女たちが墓に行ってみると墓を蓋していた石が転がされ、そこは空っぽでした。イエスキリストは決して死とつながれたままではなかったのです。大逆転!大勝利を経験し主の復活を告げる使命を受けたのです。
 私たちも今日、自分の人生を蓋している石が取り除けられ、自分をつなぐ墓から解放されるのです。そして主のために生きようではありませんか。      M.H